気分が晴れやかな女性のイラスト

こんにちは‼

首都圏で11年半地方公務員として勤務していた経験があるもりちゃんと申します‼

職場での上司のパワハラや労働環境が悪かったことから10年以上勤務した公務員を辞めて、現在は転職のことを調べながらフリーランスとして活動しています。

今回は僕が30代半ばという年齢で収入的には安定する公務員を退職し、デメリットが多くあるのにもかかわらず、個人的には満足し良かったと感じていることについて話をしたいと思います。

官公庁に在籍しているころの僕は

会社を退職すること=人生が終わってしまうこと

と考えていました。

だって収入減がまったくないニートになってしまいますし、社会的身分もガタ落ちするわけですから💦

お金や社会的身分ていうのはメチャメチャ大事ですからね。

だから職場の先輩や同僚が、

・仕事に耐えられず退職していく

・地元に戻りたいと言って退職する

・親の介護などの理由で退職する

などの理由で職場を去っていく人たちを見ると、「もう少し頑張って続けていれば金銭的に困らないで生活していけるのになぁ…。あぁ勿体ない。」というふうに見ている人間でした。

そんな仕事一筋の僕が退職しようと思った理由

僕が勤めていた官公庁は拘束時間が長く、パワハラなども日常茶飯事な職場でした。

正直、僕は今まで他の職を経験したことが無かったので

・この位のパワハラはどこにでもあるだろう

・仕事をする上で残業をすることは当たり前

という少し片寄った考え方、つまりこの位は普通のことくらいだろうと考えていました。

まさに井の中の蛙状態で、このころは一歩外に出ると全く違う景色が広がっているということを知らなかったのです。

僕の勤めていた官公庁は結構閉鎖的な所で、悪い言い方で言うと、「きついのは当たり前」「みんな頑張っているからお前も頑張れよ」みたいな空気が流れていて、その空気に知らず知らずのうちに馴染んでしまうというちょっとした洗脳に近い感じの職場でした。

ただその分、うちの官公庁の実績はしっかり上がっていたし、それを否定するような空気はどこにもなかったんですよね。

そんな中、僕がその職場が少しおかしいんじゃないか…という気持ちに至ったのは他県(東北地方への派遣)で勤務したことがきっかけでした。

東北地方への出向!そこで自分の職場がブラックだと気づく

2011年に発生した東日本大震災の影響で、復興のために東北地方に人員を集中させるという目的で、僕は2年間ほど関東の官公庁から東北地方の官公庁に派遣されて勤務をすることになりました。

そして東北の官公庁で働いた感想はというと、関東の官公庁と比較すると職場環境がすごくホワイトに感じるんですよね(≧▽≦)

具体的にどうゆうところがホワイトに感じたかというと、

・残業時間がかなり短かった(多少はありましたけどけどね…)

・人間関係が良好(優しい人たちが多く、ギスギスしていない)

ということです。

いやそれは当たり前なんだよ!と突っ込まれるかもしれませんが、僕の出向元は本当に異常だったんですよ💦

パワハラ、残業は日常茶飯事…なんでそんなところに今まで勤めていたんだろう?とこの時やっと気づくことができたんですよね。

まあいわゆるブラック企業…?改めブラック官公庁というやつです(>_<)

今まではずっと「仕事はきつくて当たり前」という価値観だったのですが、その価値観は出向先で見事にぶち壊れてしまいます。

精神的にも肉体的にも以前より落ち着いてきて、僕は「この出向元でずっと仕事ができたらいいなぁ…」と考えるようになりました。

一緒に出向してきた同僚が出向元の官公庁を退職し始める

出向先が良い所だと思ったのはもちろん僕だけではなく、一緒に出向してきた同僚もみんなそう感じていました。

東北地方に出向するとき、僕以外にも10人くらいが一緒に出向したのですが、その同僚たちも「こんなにホワイトな職場があるのか」と思ったらしく次々と出向元を退職をしていくんですよね💦

半分以上の人は出向先だった東北地方の官公庁を受け直して、そこに再就職していましたね。

正直、僕も関東の官公庁を退職して東北の官公庁を受けなおそうかな…と迷いました。

僕も東北は生まれ故郷だし、東北の人は優しいし、ここで暮らすのもいいかなと思いました。

でも、出向元の官公庁には自分という人間を育ててもらった恩もあるし、今はブラックかもしれないけど将来的には残業が減って、ギスギスした人間関係も良くなっていくんじゃないかなと根拠のない希望を持って、僕は関東に戻ることにしたんです。

戻ったけどやはりブラック官公庁!退職を決意する

僕は2年間の東北での出向を終えて関東地方の官公庁に戻ります。

でもやっぱり職場がブラックなのは何一つ変わらず、相変わらずパワハラや時間外労働の嵐でした💦

周りをみても

・常にみんな仕事のプレッシャーでピリピリしている

・多くの仕事に追われて余裕がない

・上司によるパワハラが日常茶飯事

というストレス、プレッシャー地獄の職場でした。

もし僕が東北地方への出向を経験していなければきっと「この状況は当たり前なんだ」と思っていたことでしょう。

それに気づけただけでも東北地方への出向は意味のあるものでした。

出向先から戻ってきて約1年半後、僕はとてもじゃないけどこんなブラックな職場で何十年とやっていくことはできないな、と思い退職を決意します(残りあと25年はありました。実質65歳定年になるのであと30年かな…年齢バレる(>_<))

30代での退職後のリアル|当然不安で悩みます

「10年以上働いてきた公務員を退職する」このことは僕の中では大きな決断だったし、本当に辞めてこの先食って行けるのだろうか?という迷いも当然ありました。

30代半ばくらいになると給料も徐々に上がり始めますし、養っている家族だっている人が多いですし、簡単に職場を辞めるなんて決断はできないですよね。

僕は今フリーランスとして活動をしているのですが、とてもじゃないけど官公庁時代の稼ぎには及びません。

フリーランスで細々と積み上げる日々、それがいつ実るか分からないし、いつまでこのままで行けるのだろうか…といつも悩みます。

あとはもう一つの大きな不安は正社員という社会的な身分がなくなることですね。

職業を聞かれて「公務員です」で答えたときの反応と、「フリーランスです」と答えたときの反応はやはり前者の方がたいてい良いです。

悲しいことに「フリーランス」っていうと、人によってはたいした仕事もせずに生活している人くらいに軽く見られてしまうことだってありますからね。

こういった悩みや不安に僕は退職後いつも悩まされています。

でも僕はやっぱり30代で退職して良かった感じる

安定した公務員という職を辞して自由を手にしたものの、今後何十年間も安定して得られる収入を放棄してしまった代償はたしかに大きいし、今後のことについてはたしかに不安を感じます。

ただ、それでも自分にとって得られるものはあったし、稼ぎがなくなってもそれほど絶望はしていません。

周囲からは当然

「なんで辞めるの?この先どうやって生きていくの?」

「年齢的にも今やめてしまったら、再就職は厳しくなる」

「今仕事を辞めるなんてそれは甘えでしかない」

というような厳しい言葉をたくさん言われました。

たしかに我慢して仕事を続けていれば金銭的な心配はいらないし、ボーナスもだって夏と冬2回出るし、毎年昇給するし確かにいいことづくめなんですよね。

でもこの時に僕は「ひょっとしてお金のためだけに仕事をしているんじゃないかな…」とちょっと複雑な気持ちになったのです。

正直お金にために仕事をしているって人は実際に多いと思いますし、それ普通なので否定はしません。

ただ僕は

・せっかくの自分の人生だから好きなことをなるべく多くやりたい

・仕事に自分の全てを捧げるのは嫌だ

・はっきり言って自分の幸せの尺度はお金じゃない

と考えるようになりましたので退職を決断しました。

キャリアを積んでバリバリ働きたいという人もいれば、仕事も自分のやりたいことも両立したい、という考える人もいると思います。

僕は結果的に仕事だけ頑張るよりも自分のやりたいこともやりたい!という選択をしたわけですが、どちらが良いという答えは決してありません。

今思うと公務員時代は仕事のストレスとプレッシャーに押しつぶされそうな毎日を過ごしていまし、時間外労働の嵐で翌朝まで職場に残って仕事をするなんてこともザラにありましたから…。

僕はお金をいくらもらえてもそんな生活に戻りたくはないし、もう一度人生を考え直せる時間を得られたことに今は満足しています。

30代で退職をしようか悩んでいる人にメッセージ

この記事を読んでいただいた方の中には、僕と似たような立場で「今の仕事が辛い、自分には合わないから退職して別の道を歩んでみたい」と思われた方がいるかもしれません。

たしかに僕は、30代で自分の職場がブラックだったことに気が付き、自分のやりたいことをするため退職をしたわけですが、それでも30代で退職をすることは経済的に大きなリスクを背負うことになります。

ましてや養わなければいけない家族がいるならば、簡単に仕事を退職するなんてことなんてことできませんよね💦

だから退職にあたっては半端な覚悟であれば絶対にオススメできません。

でも「どうしても社畜である今の状況を抜け出して自分の人生を変えたい」「お金だけに縛られず、家族や大切な人と過ごす時間や自分の趣味に没頭できる時間を取りたい」という人は退職をする前に転職活動をして自分の希望にあった仕事に転職してしまうことをオススメします。

今の仕事を続けながら転職活動をすれば経済的なリスクはないですからね(*^_^*)

ただ、仕事を続けながら転職活動をするとなると、なかなか転職活動をする時間なんて取れませんよね💦

自分にあった転職先を探すだけでも一苦労です。

でも実はそんな悩みは転職エージェントを利用することで大部分が解決するんです‼

転職エージェントとは、転職する人が抱える様々な悩みを解決し自分に適した転職先を探してくれるサービスのことで、利用のメリットを簡単に話しておくと

➀ 利用料が無料

➁ 自分の希望に合った企業を紹介してもらえる

➂ 一般には非公開の企業なども紹介してもらえる

➃ 書類審査や面接について具体的なアドバイスがもらえる

➄ 給料交渉や面接のスケジュールを代行してもらえる

など多くのメリットがあります。

特に在職中で「転職活動にかける時間はあまり取れない…効率的に転職活動をしたい…」という人にとっては転職エージェントを利用することによって、自分にあった求人を探してもらえることで手間が大幅に省けます。

その他にも書類審査や面接について具体的なアドバイスなどももらえますし、企業側に直接言いにくい年収の問題なども、転職エージェントが企業との間に立って給与交渉をしてくれます。

通常は一人で行わなければならない転職活動を、最後の最後の段階までサポートしてもらえるのはとても心強いことですよね。

利用については完全無料なので、年収ダウンを避けたい人は転職エージェントを利用して自分の希望年収額に合った会社を紹介してもらっても良いですし、職場環境を改善したいと考える人はその希望にあった会社を転職エージェントから紹介してもらえます。

すごく便利なサービスなので本気で良い転職先を探したいという人は是非登録してみてください‼

以上になります、この記事が少しでも役に立ってくれれば嬉しく思います。

読んでいただきありがとうございました。

☆ブログランキングに参加しております‼☆

励みになりますのでバナーのポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ