私

上司が怒鳴ることってパワハラになると思う?

姉

んー、はっきり言ってケースバイケースだと思うけど、十分パワハラに該当する可能性はあるよね。

私

実は僕会社員時代に寝坊したことがあって会社に遅刻したときに課長代理にめちゃめちゃ怒鳴られたんだよ。たった10分遅れただけなんだけど、そんなに怒らなくてもよくない?

姉

いやそれはお前が悪くないか?しかも、2日前も遅刻したって言ってたよな?パワハラの「パ」の字すらねえよ!

こんにちは‼

埼玉県で11年半地方公務員として勤務していたもりちゃんと申します‼

本日は「怒鳴る上司はパワハラに該当する?|ズバリ該当する可能性があります」について記事を書いていきたいと思います。

まずパワハラについて簡単に説明しますね。

厚生労働省によるとまずパワハラの定義として、

●上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること

●業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること

引用元:厚生労働省(職場のパワーハラスメントについて)

と定義しています。

姉

上の定義を簡単に説明すると、職場での立場の優位性を利用して、業務上必要な注意・指導を超えて精神的な苦痛や就業環境を害するような行為があれば、パワハラとして認定されるみたいだね。

以下はこの定義を基本としたうえで「怒鳴る上司はパワハラに該当するのか」について考えて行きたいと思います。

怒鳴る上司はパワハラに該当する可能性があります!

また、厚生労働省は上記のパワハラの定義をわかりやすく具体的に6類型に整理しています。

1)身体的な攻撃
暴行・傷害

2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言

3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視

4)過大な要求
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害

5)過小な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと

6)個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること

引用元:厚生労働省(職場のパワーハラスメントについて)

私

うわぁ~、ずいぶんあるね💦なんか難しいことが書いてあるよ(泣)

姉

確かに難しいけど、上の2番(精神的な攻撃)を見てよ。「侮辱・ひどい暴言」って書いているよね?

つまり上司が優位性を利用して、過度に叱責すれば「精神的な攻撃」としてパワハラ認定されることも十分にありえるってことなんだよ。

怒鳴る上司がパワハラにあたるかについての判断ポイント

ここではより具体的に「こういう怒鳴り方はパワハラにあたる、若しくは疑われるケースにあたる」という状況についてまとめてみたいと思います。

パワハラには被害者と加害者がいるわけで被害者の主張だけ聞いて認定されるほど簡単なものではなく、当然加害者側からの聴取もしなければいけないわけです。

もちろん、パワハラ現場を目撃している人がいればその人からも話を聞きます。

全ての情報を判断材料にして最終的にパワハラになるかどうか決まります。

「こういう行為は絶対にパワハラになる」と言い切れないのは、実際の現場で行われるパワハラは色々な状況を総合的に判断してしてパワハラか否かが決定されるからなのです。

私

パワハラと認定されるまでは、なんだか裁判みたいだね。ちなみにパワハラにかかる裁判なんかも近年は多くなってきているみたいだよ。

実際に全ての公務員、会社がこのような詳細なパワハラ認定の調査をするかわかりませんが、私が11年半勤めた埼玉県の官公庁では、パワハラと認定されるまでは詳細な聞き取り調査を第三者が行い最終的にパワハラを認定する、という方式でした。

まぁ大半はパワハラになっていましたが、著しく状況証拠が少ない場合(加害者と被害者の主張しか証拠がないような場合)は所属長の注意・指導などの簡易な処分に終わっていた事例もありました。

私

僕の公務員時代はすごくブラックな部署が多かったので、実際にパワハラが問題で第3者や人事部などが社内で聞き取り調査をしているところを何度も目撃してるよ。

前置きが長くなりましたが、「こういう怒鳴り方はパワハラにあたる、若しくは疑われるケースにあたる」という状況を具体的に説明していきたいと思います。

大勢の人がいる前で大声で怒鳴る

昔であれば日常茶飯事であった行為ですが、昔と今では社会観念がまったく変わってきています。

大勢の前で大声で怒鳴られる方は、ただでさえ怒られるという苦痛(ストレス)に加えて

・屈辱的状況

・羞恥的状況

が重なり、ものすごく強いストレスを受けます。

今のご時世では、立場が優位な人は、部下に対してはなるべく周りに人がいないところで注意、指導をするように配慮する必要があります。

ましてや怒鳴る必要があるならば、絶対に人目は避けなければいけません。

「馬鹿」「給料泥棒」「死ね」「もう辞めたほうが良い」など明らかな暴言

わかると思いますが、こういった明らかな暴言は周りに人がいてもいなくてもアウトな文言ですね。

もう明らかに侮辱的で屈辱的な行為ですよね。

こんなこと言っているくらいなら、失敗した部下のミスをどう取り戻すか考えた方が本当の上司というものです

本来、上司は部下に対して怒鳴る前に、問題解決の指針を示してやらなければなりません。

こういう発言をする上司は「部下の責任は自分の責任である」という姿勢が微塵も感じられないですし、「馬鹿」や「給料泥棒」と言って人のせい(部下のせい)にしているだけにしか感じられませんよね。

怒鳴りとは違うがよくあるパワハラの例

「こういう怒鳴り方はパワハラにあたる、若しくは疑われるケースにあたる」の例とは少し違うのですが怒鳴りの逆のパターンで

「立場の優位性を利用し無視をする」

というのもよくあるケースです。

怒鳴りというとパワハラで、無視だと静かに見えるので「パワハラではないんじゃないか…。」と勘違いしないでくださいね!

無視もれっきとしたパワハラに該当します。

これは冒頭で述べたパワハラの定義の6類型の内、

3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視

に該当しますね。

私が上司から怒鳴られた体験談

私も11年半の間、埼玉県の公務員として勤務をした時に上司に怒鳴られ「これってパワハラだよな?」と感じた体験があるので、ここではその体験談を紹介したいと思います。

私の勤めた官公庁はブラックな部署が多く(公務員でも意外ですがあるんです…)、必然的に私もブラック部署に組み込まれて勤務することが多くありました。

今から紹介するのは、その時の直属の上司からくらったパワハラ体験談になります。

私

この時に受けたパワハラは今でもよく覚えています。怒鳴られ、無視され、足蹴りされて…(泣)もうその上司とは二度と会いたくないなと思いましたね。

その当時、私は20代半ばくらいの歳で、同い年の上司でN主任という人とペアになって仕事をしていましたね。

N主任はどうゆう人かと簡単に説明すると、

・アニメに例えるなら、ドラえもんでおなじみのジャイアン
・仕事は結構できるタイプ
・人の好き嫌いが激しいタイプ
・優しくはないのでA型ではなさそう(笑、ちなみに私はA型です)

という感じですね、少しでもイメージできたでしょうか?

ちなみに私の性格は、

・ドラえもんでいうとのび太君タイプ
・要領はあんまり良くない
・のんびりしていて従順な性格なので、悲しいが結構パワハラの対象になりやすい(笑)
・典型的なA型タイプ

という感じです。

私

なんかパワハラを受ける人って結構特徴があるような気がする。というか絶対にあるよね。この時の僕はN主任の仕事をこなすスピードについていけず、たびたび叱責を受ける日々を過ごしていました…(泣)

そんな私とN上司の仲は当然ですがめちゃめちゃ悪い状態でした。

お互いストレスは溜まるでしょうけど、立場的には明らかに私の方がストレスは大きかったと思います。

時々「上司はダメな部下を持つとつらいなぁ…」という人がいますが、多分、部下はそれ以上に辛い感情を持っていると思いますね。

基本的には立場が優位な方よりも、立場が下の人の方が多くのプレッシャーに悩まされます。

特に不器用でミスをしながらも真面目に仕事をしようとするタイプの人はめちゃめちゃストレスが溜まりますね。

私

当時、私は仕事は手を抜かず一生懸命やっていたのですが、そういった姿勢はほぼ評価してもらえませんでしたね💦立場が低い方はストレスのやり場がなく、溜め込んでしまいがちになるのですごく辛いですよね…。

姉

立場が有利な上司なんかは、周りに愚痴をいったりして発散する場所があるからね~。ただそれをされると「あいつはそんなダメな奴だったんだな。」「なんかどうしようもないヤツだな。」というふうに周りに見られるようになるから、より辛い立場になるんだよね…。

この当時はまだ私もヒラの公務員(役職なし)でしたが、最終的には主任で部下を持ったことがあるのでどっちの気持ちもわかるんですよね。

例外はあると思いますが、立場が低い人のほうが圧倒的に不利な状況(ストレスが溜まりやすい)になります。

怒鳴られていくうちにお互い何も話をしなくなった

本当にN主任には色々怒鳴られましたね。

ただ私は怒られながらも仕事はサボらず、ミスはあったと思いますが一つ一つ確実に処理していました。

ただちょっとしたことで怒られるんですよね、本当に取るに足らないことで…。

もうお互いが嫌い同士だから相手のちょっとしたことがもう気に入らくなるんですよね。

私

N主任は仕事がよくできる人だったけど、言い返したい気持ちもありました。ただ僕は立場が低かったので面と向かって言うことはできませんでしたね…。

私とN主任はお互い関わり合いたくない(N主任の気持ちは推察ですが)ので、基本的に仕事以外の話はまったくしなくなりました。

基本的に仕事は私とN主任はペアなので、車などで出先に行くということも結構あったのですが、「車の中は終始無言状態」でした。

これが所謂、生き地獄ってやつだと思いましたね(笑)

今だからこうやって話せますが、当時私はめちゃめちゃ悩んでいてなかなか相談相手もいなく、日々耐える毎日でした。

退職届を書いてこいと言われる

私

11年半公務員として働いたけど、退職届を書いてこいと言われたのはこれが最初で初めてだったな。今でもはっきりと覚えています。

N主任と一緒に仕事をするようになって2カ月くらい経ったと思います。

私は車を運転していた時に、

・縁石に乗り上げる(下をこすってしまったが事故扱いせず)

・車を後退しる際に壁にぶつけてしまう

といったミスを立て続けに起こしてしまいました💦

するとN主任は私に対してこう言いました。

N主任N主任

なんでお前なんかと組まなきゃいけないんだよ、お前なんかと仕事をしなくちゃいけない俺の気持ち考えたことあるのか?

とめちゃめちゃ怒鳴られました。

これは事故を起こしてしまった夜に電話がかかってきてその時に言われましたね。

これに関しては、私がやったミスなので素直に悪いと思っています。

そして次にN主任は私にこう言いました。

N主任N主任

明日までに退職届を書いてもってこい!

N主任も馬鹿ではない(かなり優秀な人だったと思います)ので普通こんなことは言わない人だったと思うのですが、

・部下の責任は少なからず上司の責任になる

・お互い嫌い合っている

・ストレスがかなり溜まっていた

という理由(推察になりますが)で一気に感情が爆発してしまったようでした。

私は「今後気をつけます、申し訳ありませんでした。」と何度も謝罪をしたのですが、結局N主任に許してもらうことはできませんでした。

後ろから足蹴りをされる

車をぶつけてしまった件に関して私は

私

N主任には迷惑をかけてしまったな。明日の朝N主任にもう一度誤りに行こう。

と思い、翌日N主任に真っ先に謝りに行ったことを今でもはっきりと覚えています。

私が職場に着くとN主任はロッカールームで着替えている最中で、その時は周りに人は誰もいませんでした。

私

N主任、先日は色々と迷惑をかけてすいませんでした。

N主任N主任

退職届は書いてきたのか?

開口一番「退職届」という言葉がN主任から出てきました。

私は

私

退職届は書いてきてません、本当に昨日は申し訳ありませんでした。

と言ってその場から去ろうとしたところ、後ろから足蹴りされて「お前が課長のところに行かないなら俺が代わりに退職のことを言ってきてやるよ!」と言われました。

そして、その後N主任は本当に課長のデスクの前に行き、課長と何かを話していました。

私は遠くから眺めていただけなので、話していた内容は聞いていないのですが多分

・私とのペアを変えてください

みたいなことを言ったのだと思います(さすがに辞めさせてくださいとまでは言っていないと思います)

それからすぐに私とN主任のペアは解消されました。

N主任の行為はパワハラになるのか?

これに関しては意見が分かれるところかもしれませんが、当サイトの見解からいうと「パワハラに該当する可能性がある」と結論付けておきます。

自分のことを自分で判断するというのもおかしい話なんですけどね(笑)

もちろん私もたくさんミスをしていましたし、私がN主任にそこまでさせた責任がないかと言われれば無いとは言えないと思います。

ただ

・仕事に関しては遅れながらもやるべきことはやっていた。

・上司の下命に背いたり、反抗したりはしていない。

・ミスをしていた際はその都度謝罪した。

このようにケジメはしっかりつけていました。

私はミスをした際には「なんでそんなこともできないんだ、死ね!」と言われたこともありますし、最後だけですが後ろから足蹴りをされるという暴行を受けたこともありました。

これは厚生労働省がパワハラの定義を具体的にした6類型の内の

1)身体的な攻撃
暴行・傷害

2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言

に該当することになります。

ただし、私はこの問題については人事に報告しなかったので(報告する気も当時はありませんでした)、N主任とのペアが解消されるという結果で終わってしまったので、パワハラの可否については最終的な判決は出ていません。

ただ繰り返しますが、当サイトの見解では「パワハラに該当する可能性がある」と結論を出しておきます。

パワハラになるのかならないのか、読んでいただいている皆さんも是非考えてみてほしいなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

怒鳴る上司はパワハラに該当するかというと、間違いなく言えるのはパワハラに瓦当する可能性があると言えます。

その場合はまず上司の言っていることが

・立場上の優位性を考慮したうえで適正な範囲で注意・指導として機能しているか

・行き過ぎた発言がないか(「馬鹿」「給料泥棒」「死ね」「もう辞めたほうが良い」など明らかな暴言)

・大勢の人がいる前で羞恥、屈辱的な怒鳴られ方をしていないか

を状況と照らし合わせて、正しく判断していく必要があります。

そのうえで「これはパワハラなんじゃないか?」と思ったらやはり人事に相談してみるのがいいと思います。

姉

人事にいきなり相談するのは敷居が高いな…と感じたら、まずは気の許せる友達などに相談してみるのがいいと思います。自分1人だけで考えるのはあまり良くないので、何人かに相談してみるのが良いと思います。

やはり行動しないと何も始まらないですし、行動することが自分の身を守ることになるのかなと個人的には思います。

とは言え、パワハラという問題を一時的に解決できたにしてもブラックな職場にいる限り、第二、第三のパワハラ上司に遭遇しないとも言い切れません。

もし今の職場がブラックであるならばこれから10年、20年と働いていく自信はありますか?

・寝る前に明日の仕事の事を考えると憂鬱になって眠れない

・朝起きると仕事に行きたくなさ過ぎてお腹を下したり、休む理由を考えたりする

・寝る前に明日の仕事の事を考えると憂鬱になって眠れない

・朝起きると仕事に行きたくなさ過ぎてお腹を下したり、休む理由を考えたりする

実際このような症状がある人はうつ病の可能性もありそのまま放置すると大変危険だと思います。

仕事なんかより大事なことはこの世の中にいっぱいあって、その中でも自分の健康は最も大事なことの一つで、個人的には仕事なんかよりよっぽど大事にしなければいけないと思います。

正直、私はブラックな職場にいるよりは退職し、転職をしてしまったほうがいいと思っています。

現在は、パソコンやスマートフォンで簡単で基本的に無料で転職支援サービスは気軽に使うことができます。

転職支援サービスでは転職に関して色々なサポートして貰えますので、今の会社に籍を置きながら条件の良い会社を少しずつ探していくのがいいかと思います。

登録だけであれば今の会社を辞める必要はなく、条件の良さそうな会社をまずは見つけましょう。

そこで働く見通しがついたら退職届を出すのが一般的に賢い転職の仕方かと思います。

もしあなたがブラックな職場にいるとすれば、もっと他にいい企業はたくさんあります。

「今の職場がブラックすぎて長くやっていけるかどうか不安だ…。」「体を壊してまで働かなければいけないのか…。」等と悩んでいる方がいれば、ぜひ転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

以上になります、読んでいただきありがとうございました。

☆ブログランキングに参加しております‼☆

励みになりますのでバナーのポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ